就業規則作成のメリットと社労士に作成を依頼した場合の報酬額

就業規則作成のメリットと報酬

就業規則とは、労働時間や賃金などの労働条件や職場内の規則・規律など、会社と従業員との決まり事を明文化したものをいいます。就業規則は、事業場単位で常時10人以上の従業員がいる会社は作成届出の義務があります。

就業規則の作成には以下のようなメリットがあります。まず、社員の義務が明文化されるので、社員が問題を起こしにくくなります。

また、問題が起きた時も規則が明文化されているので、話がこじれにくくなります。それに、労働条件が明文化されることにより、従業員の士気が上がりやすくなります。

就業規則を自社で作成するのが困難な場合、社労士に依頼するという方法もあります。社労士に就業規則作成を依頼した場合の報酬額の相場は以下のようになります。

作成アドバイスや内容のチェックだけなら5~20万円、作成代行を依頼した場合は20~40万円、就業規則作成だけでなく人事制度からの見直しも依頼した場合は80~100万円以上です。